設備

保温材いらず

水道管の凍結が心配になる時期です。

しかし、これは危険。

火災になる恐れがあります。

凍結防止ヒーターは、重ならないよう、触れないように巻かなければなりません。

こんなにグルグル巻きにする、必要はないのです。

電気代も無駄。

接触部分が、コゲていることも多いです。

プロにご依頼を!


すごいぞナショナル

近所の寿司屋の、古いエアコン。

クソデカイ室内機。

今なら1/3の大きさ でしょう。

25年くらい、動き続けているらしい。

仕事柄、寿司よりも気になってしまい……。


換気扇 異常ですから

牛丼屋のトイレ。

清掃表みたいのがあって、いつ誰が清掃して異常があったかどうか記入している。

ガランガラン カラカラ・・・

トイレはウルサイ。

換気扇、異状ありでしょ。

毎日の音に慣れて、気付かないのかな?

換気扇はずっと回転しているので、時間が経つとモーターや軸が摩耗して音が出るようになり、やがて故障する。

頑張って回っているからね。

換気扇を交換すると、もの凄く静かになる。

けっこう、ウルサイ換気扇が放置されている。

小さい物はあまり高くないから、交換して下さい。


知識不足の不良工事

たまにはマジメな設備の話。

DSC_0370

近所の家で、庭の一部を舗装して駐車場にした。

舗装から、水道メーターBOXと下水マスが飛び出ている。

ありえない・・・

土木屋さんが施工したのだろうけど、普通は舗装面に合わせてBOXやマスの高さ調整をする。

なぜ、施主さんは何も言わないのだろう?

不自然でしょ。

友達の実家で、塗装屋さんに外壁を塗り替えてもらった。

エアコンの室外機は、塗装の邪魔なので外す。

しかし、冷媒ガスの処理をしないで外したようで、再取付したエアコンが効かなくなってしまった。

冷媒ガスが抜けちゃってるから、動くわけないでしょ。

費用も掛かるので、「やった業者に責任取ってもらって」としか言えなかった。

DSC_0366

他社で施工した店舗の、天井内の配管が漏れた。

配管の支持が不適切で、水を使うたびに配管が10センチの幅で動く。

信じられないことに、写真の配管がくぼんだ漏水個所は、電線と接触していた場所が振動で削られていたのだ。

漏電の危険もあるわけで・・・

配管は吊りだけだと揺れてしまうので、一定間隔で「振れ止め」を設けなくてはならない。

この振れ止めが1つもないので、配管全体が常に揺れている。

そのうちに吊りのナットが緩んで、配管が落下する可能性もある。

店内水浸し、大惨事だ。

だいたい、天井内でこんなに太いビニール管は怖くて使えない。

普通は、塩ビライニング鋼管を使うでしょう。

工期がなく安い工事だったのか、ひどい工事をしてある。

吊り振れ止めSKMBT_C22416072113570_0001


漢字

漢字は難しい。

いつも悩んでいたのが、「給湯器」なのか「給湯機」なのか。

「機」と「器」の違いを調べると、

「機」は「からくり」「しかけ」であり、複雑な働きをする装置。

複雑なカラクリを持つ(比較的大きな)道具。

「器」は「うつわ」であり、一定の用途に用いる道具。

1つの用途には役立つが、他には融通のきかない(簡単な仕組みの小型の)物。

となっている。

メーカーのカタログを見ると、

ガスが熱源の物は「給湯器」、

灯油が熱源の物は「給湯機」と、使い分けている。 

ガスの場合は、ガスを燃やして熱交換する「器(うつわ)」。

灯油の場合は、気化して燃やす装置が必要で、

「複雑なからくり」を持つ「機」を用いるのだろう。


自動三角折機能付ペーパーホルダー

紙巻器

会社のトイレに「自動三角折機能付ペーパーホルダー」を取り付けた。

ペーパーを切ると、自動的にペーパーの先端を三角形に折ってくれる。

日本人にしか発想も製作も出来ないであろう逸品だ。

社員から思わず「おお~」と感嘆の声が漏れる。 

新しい物好きで、何でも試す。(高くなければね)

自分で使ってみないと、お客様に勧められないから。

リクシル製の、水をまったく使わない洗浄水ゼロの「無水小便器」。

使ってみたが、便器表面の汚れを水で洗浄してくれないので、臭くなる。

確かに節水にはなるが、便器を毎日丁寧に拭いてくれる人がいないと使えない。

オイルが入った 特殊なトラップを定期的に交換するのだが、

水道代とどちらが安いのかわからない。

女性陣から「男子トイレが臭い」と不評だったので、普通の小便器に替える。


和便の使い方

 和便の使い方

外国人向けだと思うけど、観光地のトイレに貼ってありました。


燃料別コスト

石油機器技術管理士の、5年に1度の更新講習会があった。

1日中椅子に座って、話を聞くのは苦痛。

更新がある資格をたくさん持っていると、更新講習がメンドクサイ。

車の運転免許から始まり、

5年に1度の更新がある資格は、

監理技術者・排水設備工事責任技術者・建築設備検査資格者・

消防設備士・液化石油ガス設備士。

消防設備士は、甲1類と乙6類の2種類あるので、1日半の講習になる。

さて、たまには真面目な設備の話。

近年の燃料別のコスト比較は、灯油を1とした場合、

灯油 1 都市ガス 1.5 プロパンガス 2 電気 3 である。

基本料金の掛からない、灯油が頑張っている。

ちなみに電気のコストは、原発の廃炉費用の経費が含まれていない。

途方もなく時間とお金がかかる、廃炉費用の経費が含まれていない。

核廃棄物の最終処分場も決まっていない。

見かけの都合良い数字を並べているが、原発は安くない。

やめよう原発!


トレーサーガス工法

5%の水素+95%の窒素

この混合気体で圧力をかけ、

漏れ出た水素を検知するセンサーで、漏水を発見する。

水素は分子が小さいので、小さな穴からも出やすい。

コンクリート下の漏水も、発見できるようだ。

5%なのは、爆発を防ぐため。

この混合気体が、特別に混ぜてもらうため高価なので、調査費は高い。

「コツ」が必要な音で探す方法から、誰でも出来る方法に変わっていく。


マンションの雨水管

雨水の縦樋(たてどい)の施工は、建築さんの仕事になることがほとんど。

しかしトラブルが起きると、配管のプロである設備屋に相談が来る。

最近多いのが、マンションなどの雨水の縦樋が割れたという修理依頼。

なぜ割れるのか?

一昔前のビルは、鉄管で配管していた。

割れることは、ほとんどない。

ここ十年くらいの間に建てられたビルは、

硬質塩化ビニール管を使用していることが多い。

鉄管に比べて材料費が安く、軽くて施工が楽で施工費も安い。

厳しい予算の中で、コストを下げるために選択されたのだろう。

ビニール管では、各階のベランダなどから出る枝管と本管をつなぐ、

継手(チーズ)が割れてしまうのだ。

ビニール管は、温度変化による伸縮が大きい。

管が伸びた時に逃げ道がなく、弱い場所である継手を割ってしまう。

また、日光の紫外線で劣化する。

ビニール管は、屋外の雨水管に適していないのだ。

修繕が難しい高層階では、なおさらである。

割れた場合、修理するための足場設置費が高額になるからだ。

高所作業車で届かない場所は、下から仮設足場を何段も組まなければならない。

舞空術が使えればいらないけど・・・

きちんと材料の特性を理解し、適材適所で使わないと。


1 2