社長のつぶやき

不思議な2人

縁側に、ネコが居ついてしまった。

人に慣れていなく、ナデナデできない。

微妙な距離感。

しかし、家にいる中で

ただ1人飢えさせているのも可哀そうで、

エサを与えている。

ラブラドールのポンタ君とも微妙な距離感で、

なんとなく家族の一員になってしまった。


登山部

きっかけは、落合橋に中土手から乗って大豆島方向を見ると、

3つの山がきれいに見えたこと。

調べると、飯綱・黒姫・妙高山。

その際に北信五岳というワードが出てきて、

調べると、飯綱・戸隠・黒姫・妙高・斑尾山。

長野カントリーには、飯綱・戸隠・高妻の3コースがある。

なんか気になるし、近いし、40歳を過ぎて体力も落ちてきているので、

登れるうちに登っておこうと思ったのだ。

何でも、「ああ、やっとけば良かった」と、後悔したくない。

つき合ってくれる、ムスメもいる。

2人きりで、数時間ずっと一緒にいられるのもいい。

たくさん話をする。

どの山もきつくて、感想は「2度と登らん」になる。

その繰り返しだが、また新しい山に挑戦するのだ。

特に急傾斜が続く、高妻山は厳しかった。

ムスメの感想は、「辛い……」。

 

 

 


メロメロ

休日に会社で仕事する時、ムスメも宿題を持ってついてくる。

休日のデスクワークは、電話がほとんどないので集中でき、とてもはかどる。

ムスメは宿題などやらずに、色々な席で遊んだり、スマホゲームをしたり。

ふと予定を貼ってある壁に目を向けると、こんな貼り紙が。

さりげなく、こういうことをやられると、「スマホゲームやめろ」とか言いづらくなる。

本心なのか、コントロールされているのか?

まあ、コントロールされるのも悪くないなと、思ってしまうけど。


地域の仲間と

長野市商工会 更北支部 青年部の取り組みとして、

地域の方に我々の会社を知ってもらおうと、広告を作りました。

大手企業に攻められないニッチな市場で、

いい仕事をしているのですが、我々は発信力が弱いのです。

地元でお客様の お困りごとを解決し、地元で雇用を生んでいる。

堂々と発信し、知ってもらうべきなのです。

 


建設業界改革

建設業界に若手を入れるため、
こういう取組みは大切です。
施主さんの理解、
元請けさんの実行力がないと、
なかなかできません。
日給制と月給制の人がいるという、
賃金体系の差も、
週休2日制が進まない理由の1つです。
しかし このままでは、
若者が建設業を選ばなくなることは、
みんなが わかっていることです。


課外活動

やるなら、でっかく。

役を受けるなら、みんなのために何か成果を。

 

北信地域には、青年団体がたくさんあります。

それは、長野市が町村合併を繰り返してきた名残りです。

そんな古い地図の中で、我々は活動していたのです。

青年団体は、その垣根を越えた交流が、ほとんど出来ていませんでした。

たまたま各団体の要職に、僕の知り合いや取引先さんがいて

声をかけたところ、快く交流会の企画を受けていただきました。

昨日は長野市長さんを各団体の代表者で訪問し、この動きを歓迎していただきました。

市長さんのお力を借りて、みんなの思いはさらに高まります。

 

参加団体:

長野青年会議所

南長野青年会議所

科野青年会議所

須坂青年会議所

長野商工会議所青年部

長野県中小企業家同友会青年部

長野法人会青年部

長野市商工会青年部

 

開催日時:10月18日 18時30分~

開催場所:ホテル犀北館 本館2階 グランドボールルーム

 


息抜き

空白がないほど、やることに追われている。

昨日も、もう少し仕事を進めたかったが、

取引先の方からのお誘いを受けて飲みに……。

日本一の製麺工場の専務さんで、

新幹線のホームへ下る階段の頭上に

その社名が掲げられている。

麺や政治の話で盛り上がる。

店の奥で、デカイ声で話している人たちがいた。

声デカイなと、そちらを見ると顔もデカイ。

柔道家の篠原さんと三四郎さんだった。

ご挨拶に行くと、気さくに写真撮影に応じてくれた。

息が抜けた、楽しい時間になった。

 


漏水事件簿

お恥ずかしい話、当社も漏水していると指摘を受けた。

聴音棒で漏水個所を探り当て、

ピンポイントで修理を進める社員。

たいしたもので、一安心♡


雷様

娘はまだ、雷様がヘソを取りに来ると信じている。

ちょっとデベソなので、普通の僕のヘソがないように見えるらしい。

小さい頃「パパのオヘソは?」と聞かれたので、

「雷様に取られた」と答えたのが、衝撃的だったようだ。

雷がゴロゴロ鳴り始めると、僕にくっついてくる。

雷様が怖いらしい。

僕は雷が鳴り始めると、嬉しくて仕方ない。

寄ってくる娘が可愛いから。


ランチ

すき家で、

牛丼並盛ツユダク サラダセットを食べていたら、

隣に座ってきた年配のご夫婦から声がかかる。

「工藤さん、その節はどうも」

水まわりをリフォームされたお客様だった。

「快適に使ってますよ♡」

なんて言われると、税込500円のランチも美味しくなるもので。

世間が狭いのか、お客様が増えたのか、お客様との遭遇機会が増えている。

気を抜いて、ハナクソとかホジっていられないな~


1 2 3 4 37