社長のつぶやき

輝かしい技術者

あと1ヵ月と工期の迫った、市営住宅 返目団地の改修現場。

各所で仕上げ工事が行われている。

現場を管理している担当者は、僕が子供の頃から活躍してきた技術者だ。

県や市から優良工事表彰も受けている。

足が悪くなってきたので、現場に出るのは最後にしたいと言う。

場内を一緒に回り、どんな難工事も直球で取り組んで最高の工事をし続けた、

少し小さくなった背中を見て歩きながら、涙が込み上げてきた。

「お疲れ様」としか言いようがない。

これからも、内勤で支えてくれたらと思う。