社長のつぶやき

外部活動について

社内でやるべきことが、たくさんあることは承知しつつも、

町の水道屋さんとして生きていくためには、

外部へ出て「新設工業」を知ってもらう活動も大切である。

また、様々な団体の役をこなすことによって、

僕の人間性を知ってもらえて人脈が広がり、

会社の信用度が増していくものである。

それはやがて、仕事にもつながっていく。

4月に様々なタイミングが合い、長野市商工会の青年部長に就任した。

なかなか、立候補してもなれない役である。

他の活動もピークが重なり、週に1日くらいしか家で夕飯を食べられない日が続いた。

よくもそこまで外で飯を食う場があるなと、自分でもびっくりしている。

おかげで2キロ太り、娘からは寂しいと泣かれた、罪な男である。

お酒好きであれば、よくも遊び歩いてと、批判すればいい。

しかし、僕は飲めないのだ。

とにかく多くの人と話して、名刺を配る。

その繰り返し。

こういう時に限って、仕事も忙しくなるものだ。

仕事を片付けたいのに、会社にいられないジレンマ……。

フェイスブック「新設工業」ページの、フォロアーが 200人を超えた。

現場や会社で頑張っている仲間と、仕事内容は違っても、ゴールは同じなのだ。