生物

ポンタの夏

暑い……。

これは、我慢して凌ぐしかない。

うちの暑苦しい色をした犬。

泳ぐしかないでしょ。

最盛期には、どうしても獲れすぎてしまう、キュウリとトマト。

彼のオヤツに。


ニジイロクワガタ

長男が小学生の頃に流行った、カードゲームのムシキング。

その中で一番美しい、ニジイロクワガタを手に入れた。

美しくとも、やってることは皆同じ……。


初クワガタ

コレヲ見テ、ドキドキシナイ男子ハ、健全トハ言エナイ。

捕マエナイデ、素通リスルナンテ、言語道断。

コクワガタちゃん。


不思議な2人

犬は遊びたくて

ちょっかいを出すけれど、

ネコパンチを食らう。

この住み着いた猫は、エサをあげる時だけ触らせてくれる。

あとは、みんなと一定の距離感を取っている。

しかし、みんなが嫌いなわけではないらしい。

僕が外に出ると、

穴を掘ってウンコする。

なんだコイツと思って

ググってみると、

ウンコ中は無防備になるから、安心できる時にするようだ。

僕をボディーガードだと思っているらしい。

信用されているのかな?

犬は、いつでも寄ってくる。


たまにはホッコリと

穏やかな お日様の下、

愛犬ポンタと、いつの間にか住み着いたネコと。


不思議な2人

縁側に、ネコが居ついてしまった。

人に慣れていなく、ナデナデできない。

微妙な距離感。

しかし、家にいる中で

ただ1人飢えさせているのも可哀そうで、

エサを与えている。

ラブラドールのポンタ君とも微妙な距離感で、

なんとなく家族の一員になってしまった。


ゴマダラカミキリ

庭の木に、お久しぶりの「ゴマダラカミキリ」。

果樹の害虫で、子供の頃、

1匹5円で支所が買ってくれるというウワサがあった。

本当だったのかな?

カブト虫やクワガタを採りに行くと、

ついでに見かける程度で、マジマジと見るのは初めて。

強いアゴで皮をカジッている。

害虫だけあって、木に対して、良くなさそうな虫だ。

持ち上げると、「キュウキュウ」と鳴く。


マムシ?

ヘビネタが多いのは、ヘビ年だからかな?

たくさん遭遇するのです。

模様を見て 一瞬 ギョッとしましたが、細いので

マムシではなさそうです。

お顔を拝見できれば、確定できるのですが。

引っ張っても出てこず……。

三角形の厳つい顔をしていれば、マムシ。

やさしい顔をしていれば、アオダイショウ。

子供のうちは、マムシに擬態しているようです。

多分、アオダイショウ。

多分ね……。

 


幸せの青い鳥

今日もいいことがありますように。


脱皮

朝、河原で犬の散歩をしていて見つけた。

アオダイショウの抜け殻。

傷もなく、完全体で残っていた。

140センチあった。

たまには自分もスルリと脱皮して、

スッキリしたいものである。

 


1 2 3 4 7