格言

やることがあるから生きている

やることに追われている毎日。

悩んだけど

結論は、

やることを終わらせ続けるしかない。

やりきって、

本当にやることがなくなった日は、

気持ち良く死ねる日なのかもしれない。


人間界の縮図

玄関に、オオクワガタ君の虫カゴが置いてある。

その近くに、殺虫剤が置かれていた。

玄関に入ってきた、蚊やハエを退治するために出したのだろう。

人間の世界も同じ。

核やミサイル、自分達を殺せる兵器を近くに置いて、平和だと暮らしている。


限界の線

限界の線は、自分で引いていた……。

復帰したバスケット。

ルール変更で、スリーポイントラインが、約50センチ遠くなっていた。

写真の線の跡が、旧ラインである。

旧ラインから打つと、ブランクがあるとは思えないほど、シュートは入る。

何千本も打ってきたので、体が覚えている。

ところが、靴2つ分後ろへ下がるだけなのに、新ラインではシュートが届かない。

無理して投げて届かせても、バランスが崩れていて、シュートは入らない。

限界がそこにあると、思い込んでいた。

そうすると、それ以上のことは、できないようになってしまう。


テスト前

次男ネタである。

次男というのは、不思議である。

長男の僕には、理解できない世界が広がる。

最近、弟夫婦に次男が産まれた。

彼こそ「キング オブ 次男」である。

僕は「キング」と呼んでいる。

どうなるか、末恐ろしい。

我が家の次男に

「遊びに行こうぜ」って誘ったら、

「テスト3週間前だから行かねえ」と、お断りされた。

「そうか、テスト前か・・・」

アレ? 3日前じゃなくて、3週間???

まだまだじゃん。

そんなこと言えば、1年の半分くらいは「テスト前」になるよね。

マジで勉強してる。

東大か(笑)


いいのか?

1年前の記憶が

なくなってしまうような人達や、

大切な書類を

処分してしまう人達。

報告を受けても忘れてしまう、

あるいは報告すらしてもらえない人。

こんなオカシナ人達に、

日本を任せておいていいのか?

トップなのに

責任を部下に押し付けるような人なんて、

官僚だって面白くないでしょ。

部下のせい、秘書のせい。

トップの責任でしょ。

経営者がそんな態度をとれば、

そんな会社は消えてしまうよ。


川柳

父の日を前に、娘から。

「おとうさん くさくてひかる たからもの」

褒めているのだか、けなされているのだか

よくわからないが、宝物なんて言われると

嬉しいな。


今日がある

今日という日が与えられたなら

昨日の失敗を取り戻せばいい

人間は失敗を繰り返して成長する

くよくよしていないで

与えられた今日を

一生懸命生きる努力をするべきだ!


マーフィーの法則

「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。」

「洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。」

「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する。」

「新しいズボンをはいてくると、汚れる仕事が来る。」



正しく生きる

「正しく生きる」というのは、とても難しいことで、死ぬまでにできるかどうか。

人生最大の課題である。

自分の欲望を満たすか抑えた上で、他人と調和しなくてはならない。

自分の欲望を満たしている時点で、悪いことをしている気になるが・・・

調和した上で、他人の気持ちを共有して行動する。

自分を超えて、他人のために動くのだ。

みんながこれをやれば、人間は1つになれる。

自分だけで精一杯の現状で、ここまで進化できるだろうか?

日々だらだらと時間を潰すのでなく、心がけて精進しなくてはならない。


社風十鬼則

前の会社で、朝礼時に皆で唱えていた「社風十鬼則」。

久しぶりに思い出した。

 

社風十鬼則

  1. 企業はゴールのないマラソン競争であり 社員はその船に乗った同士だ
  2. 健康こそ人生最大の武器である 健康に留意することは社員の責任である
  3. プロ意識に徹し、常にレベルアップを心がけ、自分の能力は自分で高めよ
  4. 若さとバイタリティーで失敗を恐れるな、今日やるべきことは今日やれ
  5. 今の仕事を天職と思え。物事に慣れると横着になる。初心を忘れるな
  6. 一致団結チームワークで精度の高い仕事を通じて、その製品に魂を打ち込め
  7. 現状維持は退歩である。積極的に創意工夫を図り新分野の開拓をせよ
  8. 近代的センスを身に付け 時代を先取りした豊かな知識人たれ、優れた技能人であれ
  9. 我々は、無限・全力・秩序・創造・信用・挑戦・真剣の どれ1つ欠けてもならない
  10. 職場は互いに助け合うことだ。熱意と意欲のない者は去れ

DSC_0384


1 2 3