出来事

探さないで下さい(笑)

リフレッシュ中

美しい……


続 青年団体交流会

おかしな時代で、その会が成功したか否かは、

ある程度時間が経って、新型コロナ感染の有無がわかってから

初めて確定される。

長野市民新聞さんにも、第2回青年団体交流会の記事が掲載された。

今回の写真選定は素晴らしい、中央のイケメンがイイね(笑)

小グループでの討論は、各々に発言の機会が与えられ

深めていくことができるので、ただ参加して聞いている会とは

参加した満足感が違ってくる。

中小企業家同友会では、これを常時やる。

一緒に討論した、西沢県議さんは、とても熱い思いを持った気さくな方だった。


残された時間は限られている

あんまりジロジロ、自分の顔を鏡で見ることはないが、

たまに見ると、髪の毛の生え際が後退し、髪の毛密度が低くなってきている。

悲しい話、朝起きて枕を見ると、

毛根ごと抜けた髪の毛が数本落ちている。

「ハゲは進化だ!」

毛むくじゃらのサルから、ツルツルお肌の人間になったのだから、

毛が少ないほど進化しているという、持論を展開していた。

しかし、どんどん破壊されていく自分を冷静に見ると、

この世で残された時間は残り少ないと思うようになった。

悔いなく生ききるために、今できることは、

しっかり やっていかなくてはならない。


第2回 青年団体交流会

昨年、青年団体の他団体交流をしようと、僕が立上げた青年団体交流会。

僕も、長野市商工会青年部・長野法人会青年部・長野県中小企業家同友会青年部

と属していますが、色々多すぎるのですよ。

もっと、みんなで一致団結して、地元を盛り上げていかないといけません。

各団体が団員不足に悩む中、

もっと横のつながりを作って、人脈を広げなくてはなりません。

その思いが引き継がれ、コロナ対策で大変な中、

27日にホテルメトロポリタン長野にて、第2回交流会が開催されました。

ちょうど、コロナ注意のレベルが上がってしまったので、

綿半2店を回って、300円のフェイスシールドを人数分調達して、万全の態勢で臨みました。

会は大成功し、来年の第三回目へ向けて、更なる団結と発展が約束されました。

その様子が、本日の信濃毎日新聞に掲載されました。


未知との遭遇

朝、河原で犬の散歩をしていると、

通り道脇の草むらに、ズボンを下ろして座るオッサンがいた。

気づかれないように、脇へ逸れて時間を潰す。

さすがに、現行犯の現場を通って、お互いに気まずい思いをしたくない。

しばらくして、いつも通り進むと、健康的なウ〇チが。

「オッサン、ケツ拭いてないだろー!」

クンクン嗅ぎに行こうとする犬を蹴飛ばして、その場を後にした。


散歩の楽しみ

犬の散歩。

川沿いの柳の木に、今年もいました。

しばらくは、この木を見る楽しみが増えます。


長野県の仲間

中小企業家同友会 青年部の、集まりが松本であった。

長野県は長く、松本がだいたいの真ん中だから、みんなが集まりやすい。

はやりのZOOMでも、大勢の仲間が集まる。

僕はネット会議が嫌いだ。

みんなの熱意や気持ちが伝わらないし、

家でやると”掃除の邪魔”だと、掃除機に追い回されるから。

ノートパソコンを持って、怒られないように逃げ回る。

青年部の仲間は、みんな同じ匂いがするんだよね。

それぞれが同じ土俵に立って、同じ悩みと不安を抱えているから。

ちなみに、写真の真ん中の坊主3人のうち、

2人は本物の和尚さんで、シャッター屋さんと保育園も経営している。

1人はニセモノで、水道屋さんを経営している。


お中元

今年もお客様から、見事な山形県のサクランボをいただきました。

毎年続くご縁に、感謝です。


プースカフェ

長野市商工会 青年部 更北支部の企画で、

地域の企業をアピールしようと、

プースカフェさんとコラボしました。


競争からの脱却

大型車はトヨタが素晴らしい。

2t近くある巨体が、不自由さを感じず機敏に動く。

小型車はホンダである。

トヨタは燃費で他の追従を許さないけれど、車内が狭いのだ。

13万キロを超えたので、2代前のフィットから新型へ乗り替えた。

乗ってみて「ホンダ潔し」と思ったことは、完全に燃費競争から離脱したことだ。

ライバルのヤリスやアクアが、実燃費 25km/Lを超えると言われているのに、

2代前と相変わらずの 17km/L程度なのだ。

数値上で燃費を気にするけれど、一定のラインを超えていれば、

燃費が1番良いという理由のみで購入を決めるユーザーは少ないだろう。

乗り心地と質感が向上し、車重が旧車より 140kgも重くなっている。

これでは燃費が良くなるはずがない。

燃費を追求すれば軽さを求め、それは機能の制限にもつながっていく。

絶対に勝てない、ライバルとの不毛な競争から抜け出し、

唯一の路線へ転換したことは、

戦わずして勝っていく

我々 中小企業の生き残りへのヒントを与えてくれる。


1 2 3 4 19