出来事

恐ろしき村社会

野沢温泉村商工会 青年部主催の、講演会があった。

各地の商工会行事に参加することは、大きな勉強になる。

また、人脈も広がる。

野沢温泉村は、村や村民を巻き込んだ一体感が凄かった。

青年部員も一致団結している。

長野市は大きいが、青年会議所や商工会議所など様々な団体があり、

行政や住民との一体感が生まれていない。

部員も人数の割に、事業への関心が低い人が多く、ワンチームからほど遠い。

せっかくの機会なので、野沢温泉村を探索しようと、

中心街を雪の中、1時間ほどランニングして回る。

各所に外湯があり、スキー場も近く、和の中にヨーロッパのような雰囲気を感じる。

講演会後の懇親会。

「あの不審者は、あんただったのか」と、5人もの部員さんに言われた。

見られているね……

「そうです。私が変なオジサンです」

 

 


縁のある人

高専時代、昼休みに体育館でバスケットをして、

汗だくになって5時間目は昼寝をする。

女の子が少なかったから、何も気にしていなかった。

その仲間がガス屋さんに就職していて、長野市民病院増築時には、

久しぶりに再会して一緒に仕事をした。

その後、ガス屋さんを辞めたので

接点がなくなってしまったが、お得意先さんの忘年会に彼がいた。

だいぶ太ったなあ。

「どういう繋がりなの?」と聞いても、後で話すからと教えてくれない。

しかも、お得意先さんの社長の隣に座っている。

???

社長が開会の挨拶をされた。

「後継者を紹介します・・・」

彼は昨年、社長の長女さんと結婚していた。

名字も変わっていて。

3回も立場を変えて、僕の前に姿を現す人は

なかなかいない。

人生は面白いドラマ。


商工会青年部の活動

長野市商工会の会報に、青年部の活動が掲載されました。

青年部長として、チャレンジしていきます。


ウォーリーを探せ

長野商工会議所青年部さんが 全国から1,800名を集めて開催した

「信濃の国 ながの会議」に、

長野市商工会青年部長として招待され、壇上に飾られました。

緊張していても一定のラインを超えると、なぜか睡魔に変わります。

グレーのスーツを着た加藤市長さんの後ろで、

昼食後の眠くなる時間、必死で目を開けていました。

開催おめでとうございます。

凄い規模で、この後はビッグハットで大懇親会が行われました。

青年経営者の熱気にあふれ、自分もパワーをもらいました。


できる人が できる時に できることを

台風19号で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

長野市商工会青年部でも、豊野支部の会員が、特に大きな被害を受けました。

低い所では、1階の天井まで浸水していました。

仲間を助けるため、長野市・北信・県の青年部員に声をかけ、

19日と20日にゴミの片付けを手伝いました。

ゴミと言っても、それは大切な生活用品や思い出の品だったのですが……。

2日間で、約80名の仲間が集まってくれました。

活動してみて、これが終わりだと感じた方は誰もいないと思います。

その凄まじい被害を目の当たりにし、たった2日で何ができたのか、自問自答しています。

まだまだ、長い支援が必要です。


課外活動

やるなら、でっかく。

役を受けるなら、みんなのために何か成果を。

 

北信地域には、青年団体がたくさんあります。

それは、長野市が町村合併を繰り返してきた名残りです。

そんな古い地図の中で、我々は活動していたのです。

青年団体は、その垣根を越えた交流が、ほとんど出来ていませんでした。

たまたま各団体の要職に、僕の知り合いや取引先さんがいて

声をかけたところ、快く交流会の企画を受けていただきました。

昨日は長野市長さんを各団体の代表者で訪問し、この動きを歓迎していただきました。

市長さんのお力を借りて、みんなの思いはさらに高まります。

 

参加団体:

長野青年会議所

南長野青年会議所

科野青年会議所

須坂青年会議所

長野商工会議所青年部

長野県中小企業家同友会青年部

長野法人会青年部

長野市商工会青年部

 

開催日時:10月18日 18時30分~

開催場所:ホテル犀北館 本館2階 グランドボールルーム

 


息抜き

空白がないほど、やることに追われている。

昨日も、もう少し仕事を進めたかったが、

取引先の方からのお誘いを受けて飲みに……。

日本一の製麺工場の専務さんで、

新幹線のホームへ下る階段の頭上に

その社名が掲げられている。

麺や政治の話で盛り上がる。

店の奥で、デカイ声で話している人たちがいた。

声デカイなと、そちらを見ると顔もデカイ。

柔道家の篠原さんと三四郎さんだった。

ご挨拶に行くと、気さくに写真撮影に応じてくれた。

息が抜けた、楽しい時間になった。

 


雷様

娘はまだ、雷様がヘソを取りに来ると信じている。

ちょっとデベソなので、普通の僕のヘソがないように見えるらしい。

小さい頃「パパのオヘソは?」と聞かれたので、

「雷様に取られた」と答えたのが、衝撃的だったようだ。

雷がゴロゴロ鳴り始めると、僕にくっついてくる。

雷様が怖いらしい。

僕は雷が鳴り始めると、嬉しくて仕方ない。

寄ってくる娘が可愛いから。


ランチ

すき家で、

牛丼並盛ツユダク サラダセットを食べていたら、

隣に座ってきた年配のご夫婦から声がかかる。

「工藤さん、その節はどうも」

水まわりをリフォームされたお客様だった。

「快適に使ってますよ♡」

なんて言われると、税込500円のランチも美味しくなるもので。

世間が狭いのか、お客様が増えたのか、お客様との遭遇機会が増えている。

気を抜いて、ハナクソとかホジっていられないな~


娘からの問題


1 2 3 4 16