会社

うちもハンパない

会計ソフトを導入して、請求を集計した、売上を打ち込んでいた。

終わらない……。

ほぼ毎日、請求書を出している。

建築会社さんに ついているだけの設備屋ならば、月末に請求を数件出せば、お終いだろう。

5月の請求件数は129件で、106箇所のお客様へ請求書を出していた。

お客様の裾野が広がり、多くの方に必要とされる会社になってきたのだと思う。

さて6月分に突入するか……。

数字との、にらめっこが続く。


更科農業高校キャリアガイダンス

更科農業高校の1年生を対象にした、

地元にどんな企業があるか

どんな仕事をしているか を知ってもらう、

キャリアガイダンスに参加した。

中小企業家同友会を中心に、20社以上の企業が参加していた。

全体会で概要を話し、各社個別の説明会を3回行う。

農業高校ということで、建設業はみんなの注目を集めにくく、分が悪かった。

全体会でのアピール方法について、課題が残る。

それでも、1回目は4人・2回目は5人、生徒が来てくれた。

3回目の説明会は1人の参加だったが、建設業に興味を持つ女子が来てくれた。

弊社のこと・建設業のこと・社会人になって成功する秘訣など、

真剣に聞いてくれた生徒に負けないよう、精一杯伝えた。


ルピナ中部工業㈱さん 訪問

松本を中心に、弊社と同様の設備業を展開している、ルピナ中部工業㈱さんを訪問した。

設備屋と言われる会社の中でも、地域に根差した水道屋として、我々と同じ方向を目指して活動している会社で、興味があった。

同業者との表面的な交流はあっても、なかなか手の内はさらけ出さないもので、自社にこもった狭い知識で、活動してしまいがちだ。

商圏が離れていることもあり、ライバルという意識ではなく、同じ仲間が何をやっているのか知りたくて、訪問したいと先方にお願いした。

ルピナさんは快く受け入れてくれ、市川会長と柳沢社長と、2時間近く情報交換できた。

良い会社は、玄関から入った瞬間にわかる。

明るい空気が流れているのだ。

悪い会社は、どんよりと空気がよどんでいる。

お客様のために24時間対応をしていたり、弊社よりもだいぶ進んでいる部分があった。

僕がやろうとしていることを、既に実践していた。

こんな会社があったのかと驚くと共に、僕の方向性が間違っていないことも証明できた。

社員さんに対する待遇についても、学ぶべきことが多くある。

できることから実践して、追い付き追い越し、お互いに切磋琢磨できる存在になりたい。

貴重な時間を割いて、対応してくれたことに感謝 感謝。


できる人

「東京の不動産を買わないかい?」という電話がかかってくる。

最近、この手の電話が多い。

「長野に伺った時に、社長さんの評判を聞きいたから電話した」なんて言う。

そんなこと、誰に聞いたのかと思う。

聞いたなんてウソで、適当に言っているから、抽象的な褒め言葉をいくつも並べる。

ウサン臭さが増して、人生の限られた時間がもったいないので、

「さようなら」とご挨拶して電話を切る。

できる人は違う。

僕の知り合いの話から入ったり、

ホームページやこのブログをきちんとチェックして、

「おっ 読んでくれているのですか」と、親近感を高めていく。

自分を知ってくれている人に対して、なかなか悪いようにはできないものである。


リベルタス千曲FC頑張れ!

色々な経緯があり、

リベルタス千曲FC さんの

ユニホームに弊社の名前が入ることになった。

昇格目指して、ガンバレー!


破壊力

水は身近だけど、不思議な物質である。

通常の物質の体積は、

個体<液体<気体 となる。

しかし、水は凍る時に

分子が隙間を空けて並ぼうとするため、

氷は水の体積の1.1倍に膨らむのだ。

下の写真は、給湯器や器具まわりの接続に使う

ステンレス製のフレキ管の写真である。

1枚目が凍結で破裂した物。

2枚目が通常のフレキ管の写真である。

凍結した時に膨らんで、

ヒダヒダが伸びきった後で破断している。

すごい力なのだ。

 


中学の先生

中学時代の担任の先生のお宅の台所の水漏れを修理した。

「の」が多い。

大変お世話になった先生で、ボンタンを没収されたこともある。

社会の先生で、授業は眠くなってしまう。

黒板にたくさん字を書くので、ノートに写すのが面倒くさかった。

うっかり意識が遠のくと、消されて次の事が書かれてしまう。

眼鏡をかけて、髪の毛はグレー。

硬派なオッサン先生で、みんな大好きだった。

先生を中心に、クラスはとてもよくまとまっていた。

不安定な時期を頼れる先生だった。

自分の弱みを知ってくれていた。

今考えると、怒られたことは、貴重なアドバイスだった。

自分が高校生の時に、若くして亡くなってしまった。

その奥様からの依頼である。

こんな近所に、いらっしゃるとは思わなかった。

自宅でも、よく僕の話をしてくれていたらしく、奥様も名前を憶えていてくれた。

先生に返せなかった恩を、返せる機会を与えてくれた。


本年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。

寒い日が続いて、

南の島の海でプカプカ浮き輪で浮いていたいなと、

想像して現実逃避しています。

暑ければ暑いで、

北海道でウニ丼を食べる想像をしたりと、

頭の中の旅行は自由ですから。

さて今年も、

若い力を結集して頑張っていきますので、

よろしくお願い致します。


祝 出産

社員に長男が産まれました。

背負うものがある人ほど、頑張れます。

家庭内で父親の肩身が狭くなる中、

「働く背中を見せて尊敬されたい」

というのが、自分の思いです。

現実は、息子どもに無視されている・・・

君はこれからです。

おめでとう。


志垣太郎さん来社

俳優の、志垣太郎さんが来社された。

偽物の、石垣太郎さんでも来るのではないかと思っていたが、

一目で本物とわかるオーラを発していた。

水戸黄門に出てくる、二枚目の正義の侍は、志垣さんだったりする。

タイムリーに、信毎の眼鏡型ルーペの広告でも、デカデカと出ていた。

雑誌の対談後サインを頼むと、自分の筆と印があるので、車内で書くと色紙を持っていく。

後で、達筆なサインが付き人から渡された。

写真も専属カメラマン以外はNG。

きっと、映りを選別してから渡しているのだろう。

自分という商品への、高いプロ意識を感じた。

我々も作品ではないが、このようなプロ意識を持って工事していきたい。


1 2 3 4 5 6 7 8 9