社長のつぶやき

騙された物

買ってしまうんだよね。

「薔薇の滴」

口臭が気になって、飲めば薔薇色の吐息になるというので買った。

飲んでしばらくすると、

薔薇の香りのゲップが出る。

消化されれば、おしまい。

「なたまめ歯みがき」

新聞にすごくでっかい広告が出ていて、お口のニオイがスッキリというので買った。

70センチにも成長する不思議な豆で作った歯みがき。

ベツニナンテコトナカッタ。

口臭が、ドブ臭いと言われた。

・・・

けっこう昔の話。

「ハイピッチ」

自転車のタイヤのスポークに取り付けると、スピードが出るという鉄の玉。

遠心力や慣性の法則でスピードが出るのかもしれないが、

一番疲れるこぎ出しでは、重たくなった分大変。

「無修正エロ本」

通販で親にバレないよう、苦労してコッソリ買ったのだが、

上半身しか写っていなかった・・・

修正する場所はない。

「長身法」

通販で買うヨガの本。

健康には良いのかもしれないが、190センチにならなかった。

ちなみに、資料を取り寄せて買わなかった友達には、

1カ月後に半額セールというチラシが届く。

 一度きりの人生、いろいろ試してみよう。

高額商品は慎重に。

チャン ・ チャン ・


オープン

A・コープファーマーズ南長野店がオープンした。

「お父さんのやった仕事」を見せたくて、家族で買い物へ。

レジで店長さんにあいさつ中、

カミサンの買い物カゴが目に入る。

お買い得品しか入っていない・・・

店長さんが、カゴを見ないよう祈りながら話をする。

「もっと、たくさん入れとけよ(怒)」と、

後ろからトビ蹴りを食らわせてやりたいとこだったが、

グッと我慢する。

女ってヤツは・・・お世話になったんだから、空気読めよ。


富士山

富士山

 

富士山に登った。

10数回目の登頂。

小3の次男も初登頂。

足が、ガクガク。

弾丸登山は危険。

前日に行き、5合目で一晩車泊して、2000メーターに体を慣らす。

朝4時に出発。

ご来光を見るため夜中に登ることは、小学生に無理。

とにかくゆっくり、歩かせる。

小休止を繰り返し、水分をよく取らせる。

長くは休まない。

とにかく、ゆっくり歩かせる。

一歩一歩。

11時、山頂に着く。

味噌ラーメンを食べてから、お鉢巡りに出発。

本物の山頂、剣ヶ峰へ。

最後の登りがキツイ。

1時間半かけて戻り、下山開始。

永遠と続く、石コロだらけの坂道がキツイ。

15時、5合目に戻る。

若かりし頃は、長野から5合目まで自転車で行って登山したり、

1度も座らず、3時間足らずで登ったり・・・

ケツが筋肉痛。


ゴルゴ13

ゴルゴ13の本を、全巻持っている。

殺しは良くないが、

ゴルゴは仕事をこなすために、他人に仕事を依頼する時、

信頼している人間しか使わない。

自分が100%の仕事をするためには、

自分以上の専門知識・腕を持った人間を使わなくてはならない。

「プロがプロに依頼している」という言葉が好き。

僕自身、プロでない人間に仕事を頼まない。


臨海学校へ行った息子

臨海学校へ行った息子


スネ毛の力

蚊がいなければ、どれだけ快適な世の中になるか。

俺のスネは、毛むくじゃら。

腕にもコユクはないが、毛が生えている。

朝、庭でトマトを採っている時に分かるんだ。

蚊が止まった瞬間。

毛に触れた瞬間、分かる。

パチンと叩き落とす。

見た目は悪いけど、センサーなのさ。


なぜ続けるのか

マラソンとかトレーニングとか、なぜ続けるのか?

36歳になって、片手間のトレーニングで目立った向上は見込めない。

続けなくては落ちてしまう。

落ちないために続けているだけ。

そう考えると、ムナしくなる。

グルグルと、出口のないコースを走る。


飛んでいる

当たり前のように生きているけれど、すごい世の中になっている。

21,000円で、GPS付きのスポーツ用腕時計を買った。

マラソンなどで、走った距離・高低・時間・速度などが測れる。

パソコンにつなぐと、どこを走ったか地図上に表示される。

GPSとは、グローバル・ポジショニング・システムの略で、

上空にある数個の衛星からの信号を受け取り、

受信者が自分の現在位置を知るシステムのことらしい。

腕時計に表示された衛星の個数は、12台もあった。

そんなに飛んでいるのか・・・

カーナビでも使っているGPSや 

携帯の電波やインターネットの情報やテレビやラジオの電波とか、

空気中をたくさん飛んでいる。

素人の考えだと、「そんな空気を吸っていて大丈夫かな?」と思う。


ポスト

ポスト

 

 

 

 

 

 

近所の、個人商店が閉店した。

老夫婦が、後を継がせないで閉店したようだ。

そこに郵便ポストがあり、これがなくなると、

この近辺ではえらい遠くまでポストがなくなる。

同じ通り沿いの当社に話があり、ポストの移設を了承した。

子供の頃は、神社の近くに駄菓子屋があり、

10円のお菓子や シール付きのお菓子をよく買った。

その店も今はなく、地域の個人商店は全滅してしまうのか。

コンビニだらけの世の中。

近所の商店がなくなり、車のない高齢者は、買い物をする場所に不便する。


気を使う人

カメハメハー

「よーし、元気玉を打てー」

と、次男に言った。

「元気玉は、人に迷惑をかけるから打たない。」

まあ、いろいろな所や人から気を分けてもらうからね・・・


1 38 39 40 41 42 43