社長のつぶやき

長野市民病院

長野市民病院。

数年前に増築工事を施工してから、

衛生設備を中心に、メンテナンスをさせてもらっている。

週に1~3回のペースで仕事が来る。

トイレが詰まった・排水が流れない・蒸気が漏れた

水栓やウォシュレット・ポンプが壊れたなど。

業者用の駐車場に駐車する。

警備員のオジイさんに、「今日は何だい?」と聞かれる。

中央監視室で、管理しているオジさんに状況を聞き、カギを借りる。

オレも立派なオジさんか・・・

裏口から病院に入り、掃除のオバちゃんに会釈。

排水管の詰まりを直す時、汚水が飛び出してきて

下を汚してしまった時、みんなで掃除を手伝ってくれた。

臨床検査の女性ヘビースモーカー? さんが、外へ煙草を吸いに行く。

エレベーター前で待っていると、洗濯物を運ぶ ジャイアンオバちゃんが来る。 

スミマセン・・・気さくないい人です。

職人が若い看護師さんに声をかけられ、「どういう関係だ?」と問い詰める。

患者の父親として通院することもあるが、気さくな先生が相談に乗ってくれる。 

「あら! こんな所で」と、知り合いに声をかけられる。  

もう一つの職場のような感覚。 

病院の地下には、信じられないくらい多くの配管があり、迷路のようだ。

最初の頃は1人で入ると怖くて、

オバケがいないか、後ろを振り返りながら歩いていた。

今では、地図がほとんど頭に入っている。

病院機能を維持するために、必要とされていることを誇りに、

いつでも病院職員の1人である気持ちでいる。

裏口から霊柩車が出る。

走り去った車に対して、まだ警備員のオジイさんが頭を下げている。

こんな時は、生と死について考えさせられる。