社長のつぶやき

競争からの脱却

大型車はトヨタが素晴らしい。

2t近くある巨体が、不自由さを感じず機敏に動く。

小型車はホンダである。

トヨタは燃費で他の追従を許さないけれど、車内が狭いのだ。

13万キロを超えたので、2代前のフィットから新型へ乗り替えた。

乗ってみて「ホンダ潔し」と思ったことは、完全に燃費競争から離脱したことだ。

ライバルのヤリスやアクアが、実燃費 25km/Lを超えると言われているのに、

2代前と相変わらずの 17km/L程度なのだ。

数値上で燃費を気にするけれど、一定のラインを超えていれば、

燃費が1番良いという理由のみで購入を決めるユーザーは少ないだろう。

乗り心地と質感が向上し、車重が旧車より 140kgも重くなっている。

これでは燃費が良くなるはずがない。

燃費を追求すれば軽さを求め、それは機能の制限にもつながっていく。

絶対に勝てない、ライバルとの不毛な競争から抜け出し、

唯一の路線へ転換したことは、

戦わずして勝っていく

我々 中小企業の生き残りへのヒントを与えてくれる。