社長のつぶやき

水道管の凍結

寒い日が続く。

マイナス5℃を下回ると、水道管凍結による修理依頼が出てくる。

ひどい場合は凍結による膨張で、水道管が破裂することもある。

毎年初回の寒波で、修理依頼が集中する。

たいていは、凍結防止帯の電源入れ忘れや劣化で、

電源を入れたり巻き直すと1時間位で水が出る。

マイナス7℃を下回ると、また修理依頼が集中する。

正月明けは、長期間休みになっていた事務所から修理依頼が来る。

数日間ほったらかしになっているので、重症な場合が多い。

蛇口をひねれば当たり前のように出る水。

出なくなると、初めてありがたみがわかるようです。

無関心な人も多いですが、設備も大切な財産。

定期的に、家の裏の配管や下水マスの状態を確認して下さい。