社長のつぶやき

手術

「小便器の排水が流れない」と、連絡があった。

便器を外して、トーラーという機械で、ワイヤーを管内に通して清掃してみる。

内視鏡手術的な感じである。

ワイヤーは通るけれど、流れが改善しない。

何か異物が流されて、それが原因で詰まっていれば、

ワイヤーが絡み取って、水がスッと引いて開通するはずである。

こうなれば、外科的手術しかない。

2階のトイレだったので、1階の天井裏に潜って、

掃除口から管内をのぞいてみると、やはり詰まっている。

切ってみると、この有り様。

これでは流れない。

患部を切り取って、新しく配管替えして、すごく良く流れるようになった。

建物の、血管の手術みたいな仕事。