社長のつぶやき

引退

もう、何の武器もなくなってしまった……。

バスケット、ここが引退の時期だと思う。

体育館が使えなかった、年度末の長期休みを終えてから、

極端にシュートが入らなくなってしまった。

原因は、足に力が入らなくなってしまったから。

高校から20代にかけて、スリーポイントシューターだった。

敵を抜く技術は低いが、打てれば

どんなシュートでも、高確率でリングに吸い込まれた。

打った瞬間に、入ることが確信できる。

40代で復帰すると、スリーポイントシュートは届かなくなってしまったが、

ミドルシュートはそれなりに入っていた。

だから、みんながやらないリバウンドを狙って拾い、シュートを決めてきた。

それすら、満足に出来なくなった。

44歳、地に足が付かず、常にフワフワしている感じ。

速く走ることも、飛ぶことも出来ない。

考えても、やれることがないのだ。

死ぬまで現役でいられる競技ではない。

終わりが来ることは、分かっている。

寂しくはない。

次のステップへ進む時なのだ!