社長のつぶやき

回れ

病院さんの、蒸気配管替え工事。

太いネジ込み配管は、なかなか緩まない。

配管を回すパイプレンチは、歯でパイプ表面を引っ掛けて

「てこの原理」を利用する。

支点は回転の中心だから、パイプの中心。

作用点は、パイプとパイプレンチの歯の接点。

力点は、パイプレンチの柄をつかんでいる部分。

パイプレンチの柄を延長して、パワー倍増。

別の場所が回ってしまわないよう、相手側にもパイプレンチを反対に掛けて、

それを胸で押さえて、両手で力を加える。

パワーだけでなく、バランスも大切。

見事に古い配管が回り始め、外れた。