社長のつぶやき

吾輩は猫である

我が家の庭には、色々やってくる。

8年目になり、急速に老けてきた、黒いオスのラブラドールレトリーバー。

俺より若いくせに、勝手にどんどん老け込むなよと、寂しく思う。

6年前に飛んできて捕まえた、青いセキセイインコ。

まだ、元気よく僕の部屋を飛び回り、そこら中でウンコする。

鳥は飛ぶために体を軽くする必要があるようで、

ウンコをため込んで我慢するという概念がないらしい。

3年くらい前から庭に住み着いた、白っぽいメス猫。

勝手に黒ラブを用心棒にしている。

こいつがいるから、他の猫が寄り付けず、エサも小屋も与えられて、

快適に暮らしているようだ。

外で猫が「ニャア ニャア」鳴いている。

嫌な予感……。

カーテンを開けて外を見ると、やっぱりスズメを捕まえたようで、

死骸をくわえて自慢げに、もてあそんでいる。

ネズミの日もある。

犬と猫の決定的な違いは、「裏表があるか」ということ。

犬は裏切ることなく、飼い主に忠誠を誓っている。

猫は、気分が良ければ寄って来るし、悪ければスルッと どこかへ行ってしまう。

そして時々、悪魔の顔にもなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加