社長あいさつ

代表取締役社長 工藤 英貴

地域の皆様に支えられて、会社設立から40周年を迎えることができました。
企業の平均寿命が30年と言われる中、弊社は時代の流れと共に、変化しながら生き延びてきました。今後も お客様のニーズに寄り添っていけるよう、若輩者ではございますが世代交代し、次なる道を進む準備を整えました。
私は大勢の方々に助けられながら、仕事をしてきました。人と人のつながりの大切さを実感しています。
お客様が快適な生活を送れるよう、我々ができることを一生懸命行い、お客様に感謝していただけるような仕事をします。
「新設工業のファン」を増やし、ファンの期待を裏切らないアフターサービスを実施します。
私が目指す商売は、お互いの顔が見える商売です。誠実な責任施工で、お客様と正面から向き合っていきます。何でも ご相談いただけるような仲になりたい。
建設業から離れる人が多く、技術者の高齢化も問題になっています。高い技術力を維持できるよう積極的に若手を採用し、育てていきます。地域の仕事を 地域の若者が担えるよう、手に職を持った 自信ある若者を増やせるよう、努力していきます。
「社員の子育て応援宣言」にも登録されましたが、若い社員が仕事と家庭を両立できる環境をつくります。
お客様の「ライフラインを守る」という自負を支えに、これからもお客様と共に邁進していきます。

社員の子育て応援宣言

自己紹介  

前世はモンゴルの辺にいて、物作りをしていたらしい。
(温泉街で3,000円にて鑑定)
1977年、長野市に生まれる。カワイイ男の子。(だった)
ひまわり幼稚園→俊英幼稚園→青木島小学校→更北中学校→
長野高専で遊びすぎて2回留年、もてない青春時代を過ごす。
長野から富士山5合目まで自転車で行き、頂上制覇。
以降10回以上登頂。
日本一低い、天保山も制覇。(4.53m 大阪)
琵琶湖まで自転車で行き一周し、帰りは疲れたのでトラックをヒッチハイク。
北海道も自転車で20日間かけて一周する。
全ての県庁前で、写真を撮る旅を完結させる。
日本端点、東西南北を制覇。(民間人が行ける範囲で)
株式会社ショーシンに入社。
長野県唯一の自動車メーカーで、農業車両設計を担当。
コイ釣りと社会とモノ作りを学ぶ。
バスケットボールの社会人チーム「パンツ」を創設。
長野市のリーグに参戦、ちょっとだけ強いチームだった。
3ポイントシュートが得意。
入る日は、けっこう入った。入らない日は、あきらめる。
速攻で、誰もいないゴールへ 庶民のシュートを打つ時に
ヒザを痛めて1人で転び、引退を決意。
ゴルフを始めるも、上達せず。
父が創業した、新設工業に入社。
配管職人から始め、現場監督を経験する。
1級管工事、建築設備士を取得。
まだまだ修行中。

経営理念

私たちは誠実な工事で、快適な生活環境をつくります。

私たちは親切(新設)で、地域から信頼される会社をつくります。

私たちは互いに成長し合い、幸せな人生をつくります。