白いウ〇コをするかナワトビを飲むか

会社の健康診断があった。

看護士さんとの問診で、胃の検査がバリウムでいいか、確認があった。

肩に注射されて、ゲップが出る薬を飲まされて、

ゲップを我慢しなさいと、不合理なことを言われる。

注射は、子供の頃から大嫌いである。

まずいバリウムを飲まされて、撮影機械の上でゴロゴロ回転して平衡感覚を失う。

「右から回って」なんて言われるけれど、どっちが右なのか、わからなくなってくる。

最後に下剤を飲まされて、白いウ〇コを出し続けなければならない。

午後はトイレのない場所へ行けなくなる。

飲み貯めた、ヤクルトの乳酸菌「シロタ株」も、腸から追い出されてしまうだろう。

そんな不幸の連鎖を考えると、少し我慢すれば終わる、胃カメラに心が傾いた。

シロタ君にも、迷惑がかからないだろう。

喉に麻酔をかけるために、薬でうがいをする。

「よく、うがいしてね」なんて言われるけれど、

バリウムと同様に、体によくない物は受け付けないものである。

スプレーでさらに、喉の奥に麻酔を吹きかけられる。

ちょっと痺れる、悪そうな液体だ。

呼ばれて内視鏡室に入り、運のなさを感じた。

黒い服を着た研修医が2人もいたのだ。

しかも、彼らがやるらしい。

練習台かい。

しかし、太い。

21世紀なのに、ナワトビの持つところくらいの、太さの胃カメラ。

横を向いて寝て、ゲーゲーやりながら自然に涙が流れ、

出したり入れたり、明らかに手間取りながら、長時間内臓を公開する。

キミタチ、良い医者になってくれよと願いながら、早く終わってくれることも願う。

ぐったりして、健康診断が終わり、不健康になって帰るのだ。


人間界の縮図

玄関に、オオクワガタ君の虫カゴが置いてある。

その近くに、殺虫剤が置かれていた。

玄関に入ってきた、蚊やハエを退治するために出したのだろう。

人間の世界も同じ。

核やミサイル、自分達を殺せる兵器を近くに置いて、平和だと暮らしている。


限界の線

限界の線は、自分で引いていた……。

復帰したバスケット。

ルール変更で、スリーポイントラインが、約50センチ遠くなっていた。

写真の線の跡が、旧ラインである。

旧ラインから打つと、ブランクがあるとは思えないほど、シュートは入る。

何千本も打ってきたので、体が覚えている。

ところが、靴2つ分後ろへ下がるだけなのに、新ラインではシュートが届かない。

無理して投げて届かせても、バランスが崩れていて、シュートは入らない。

限界がそこにあると、思い込んでいた。

そうすると、それ以上のことは、できないようになってしまう。


あるがままに

人というのは、可哀そうな生き物だ。

やりたいと思ったことができない、唯一の動物である。

暑ければ、川へ飛び込めばいい。

犬は簡単に、それが実行できる。

先日、きれいに洗ってやったばかりなのに……。

人は飛び込んだ後の惨劇を考えて、躊躇してしまう。

汚れる体、ビショ濡れになる服。

そして、洗濯してくれる妻に怒られて。



エネルギーをもらう

世の中が、どんどん複雑になっている。

複雑にしている連中は、お勉強がよくできた、エリートさんである。

彼らはだいたい、現場へは出たがらない。

現場には、彼らより実情を知っている、小うるさい人がいるからだ。

小うるさい人は、世の中をよくするための、貴重な真実を見つけている。

しかし、エリートさんはプライドが高く、自分より知識がある人に会いたくない。

下っ端の人から、意見されたくないのだ。

そういう人たちが、現場の意見を聞かずに

書類上だけで事をなんとかしようと考えるから、煩雑な手続きが増えていく。

その書類は作られて整えられただけで、現実で役に立つことはない。

書類を作ること自体が、時間の浪費である。

犯人探しで、責任の所在を追及する材料になるだけである。

そんなモンクを言っても、会社としてやらなければならないと決められたことは、

やっておかないと、社会的に認められなくなってしまう。

とにかく、やることが多くて、頭がくたびれてしまう。

人間の作り出した世界に疲れて、外に出る。

様々な生物と出会い、少しずつ自然のエネルギーをもらって、リフレッシュする。

シマヘビ・アオダイショウ、鯉の産卵。



誰だい?メールしたのは

中学校の体育館が使えなくなり、楽しみにしていた、週一のバスケットがお休みになった。

脂肪燃焼ができないので、非常に残念である。

復帰したばかりで、2週間空くと、また体力が落ちてしまう。

本日の朝刊に、体育館が使えなくなった理由が載っていた。

「爆弾メールで長野市北部中が休校」

犯人への怒りが沸いてくるけれど、爆発はしなかった。

怒りも爆弾も。

カミさんと娘が、昨日の朝から体調を崩していた。

食中毒が原因のようで、カミさんは1日ダウンしていた。

こんな状態で、子供達を置いて、バスケットへは行けなかったのだ。

朝からお休みだとわかっていたので、諦めて子守に専念できたのである。

堤防道路を低速で走る車にイライラするけれど、

我慢してついて行くと、警察がスピード違反を取り締まっていたりする。

抜かしていたら、捕まっていたかもしれない。

僕は捕まらなかったが、他人に迷惑をかけた、メールの犯人は捕まえてほしい。

きっと、連休明けで学校に行きたくなかった、学校に馴染めない生徒の仕業だろう。

怒るのではなく、そういう子が罪を理解して、いい方向に成長できればと思う。

偶然と必然の話の、続きになってしまった。

大きな目で物事を見れると、小さな事を受け入れることができて、

それは全体の流れと繋がっている かもしれないという話。

 

 

 


偶然だろうか?

世の中は、必然に満ちあふれていると思う。

町の会計の仕事で金融機関に行き、中学校の同級生と出会った。

ノモサンは中学時代、実家が床屋だからか、ガチガチのスーパーハードな髪形をしていた。

野球部の主要メンバーで、人気者だった。

今までの仕事を辞めて、新しい職に就いたと言う。

「床屋は継がないのかい?」と聞くと、安いチェーン店やお客さんの高齢化で、

見通しが悪いと、寂しそうに言った。

昼飯に入った中華屋で、「やあ、工藤君 久しぶり」と声をかけられる。

中学の先輩で、潰れてしまった電気屋さんの息子である。

自宅を修理した代金を、踏み倒している。

いくら先輩でも「工藤君」ではなく、

「あの時は悪かったな」が最初の挨拶であるべきだと、心の中で憤慨する。

もう、彼のために働くことはないだろう。

㈱ショーシンの山岸社主や、千広建設㈱の新井社長と出会い、様々なことを学んだ。

ホームページや顧客・工事管理で悩んでいる時に、

㈱アイズモーションの渡辺さんと出会い、力を借りている。

中小企業家同友会の例会で、同じテーブルに連続で一緒になった、

㈲石見デザイン企画室の市川社長にお願いして、「シンセツ君」が誕生した。

大切な家族に、会社の仲間。

会うべきして出会い、共に過ごしていると思っている。


武器は少なく

41歳。

10年ぶりに復帰した、バスケット。

試合で数回コートを往復すると、ゼイゼイしている。

低空飛行でリバウンドを取って着地し、フリーでゴール下のシュートを打つ。

足が笑って、連続ジャンプができない……。

体が浮かず、イージーシュートを外す。

若者はキレのある動き。

ついていけない。

身長も高く、ジャンプされれば、遥か上。

呆然と見上げる。

さて、今の自分に何ができるか。

ドリブルで相手を抜くスピードなし。

急激な動きからのシュートは不可能。

スリーポイントシュートは届かない。

ディフェンスは立っているだけ。

絶望的なのだ。

いやいや、諦めない。

フリーの場所へ移動してパスをもらい、ミドルのジャンプシュートを決める。

フリーの味方へパスを出す。

見方をフリーにするため、壁になる。

コイツクタバッテルと思い込んで、油断している相手を、全力で抜いてレイアップシュート。

武器も体力も少ないが、チームに貢献できる。

小さな会社でも、考え方を変えれば、大きな会社に負けないのだ。

男、41歳。

若い頃、スピードと圧倒的な体力で蹴散らしてきたオジサンに、自分がなる。


不思議な現象

41歳。

娘以外から煙たがられ、家に帰って来ない方が、楽であると言われた。

息子どもとの、まともな会話もない。

お金と送迎などの、お願いごとのみ。

寂しい。

飲み会で帰りが遅くなる日に、

娘だけは「いつ帰るの?」「はやく帰って来い」と、ラインをくれる。

唯一の恋人だ。

ということで、夜のバスケットを再開したり、ランニングの回数を増やしている。

運動すると、メシが美味い。

空腹感など、最近は感じていなかった。

いつもは、時間が来ているから、食べていただけ。

空腹感を満たす食事は、実に楽しい。

あれ?

71kg?

ベスト体重より、4kgもオーバーしている。

筋肉でフトモモは太くなったが、腹には筋肉でない肉がついている。

運動して、太っている……。

汗だくの服が増え、「誰が洗濯するのよ」とグチられる。

男、41歳。

 


できる人

「東京の不動産を買わないかい?」という電話がかかってくる。

最近、この手の電話が多い。

「長野に伺った時に、社長さんの評判を聞きいたから電話した」なんて言う。

そんなこと、誰に聞いたのかと思う。

聞いたなんてウソで、適当に言っているから、抽象的な褒め言葉をいくつも並べる。

ウサン臭さが増して、人生の限られた時間がもったいないので、

「さようなら」とご挨拶して電話を切る。

できる人は違う。

僕の知り合いの話から入ったり、

ホームページやこのブログをきちんとチェックして、

「おっ 読んでくれているのですか」と、親近感を高めていく。

自分を知ってくれている人に対して、なかなか悪いようにはできないものである。


1 2 3 4 27