社長のつぶやき

限界の線

限界の線は、自分で引いていた……。

復帰したバスケット。

ルール変更で、スリーポイントラインが、約50センチ遠くなっていた。

写真の線の跡が、旧ラインである。

旧ラインから打つと、ブランクがあるとは思えないほど、シュートは入る。

何千本も打ってきたので、体が覚えている。

ところが、靴2つ分後ろへ下がるだけなのに、新ラインではシュートが届かない。

無理して投げて届かせても、バランスが崩れていて、シュートは入らない。

限界がそこにあると、思い込んでいた。

そうすると、それ以上のことは、できないようになってしまう。