社長のつぶやき

誰だい?メールしたのは

中学校の体育館が使えなくなり、楽しみにしていた、週一のバスケットがお休みになった。

脂肪燃焼ができないので、非常に残念である。

復帰したばかりで、2週間空くと、また体力が落ちてしまう。

本日の朝刊に、体育館が使えなくなった理由が載っていた。

「爆弾メールで長野市北部中が休校」

犯人への怒りが沸いてくるけれど、爆発はしなかった。

怒りも爆弾も。

カミさんと娘が、昨日の朝から体調を崩していた。

食中毒が原因のようで、カミさんは1日ダウンしていた。

こんな状態で、子供達を置いて、バスケットへは行けなかったのだ。

朝からお休みだとわかっていたので、諦めて子守に専念できたのである。

堤防道路を低速で走る車にイライラするけれど、

我慢してついて行くと、警察がスピード違反を取り締まっていたりする。

抜かしていたら、捕まっていたかもしれない。

僕は捕まらなかったが、他人に迷惑をかけた、メールの犯人は捕まえてほしい。

きっと、連休明けで学校に行きたくなかった、学校に馴染めない生徒の仕業だろう。

怒るのではなく、そういう子が罪を理解して、いい方向に成長できればと思う。

偶然と必然の話の、続きになってしまった。

大きな目で物事を見れると、小さな事を受け入れることができて、

それは全体の流れと繋がっている かもしれないという話。