社長のつぶやき

色々あった

木曜日の16時頃、病院から「排水がつまった」と電話があった。

外部の地中でつまっているようで、大工事になりそう。

金曜日の朝から対応すると伝えた。

十中八九、木の根っこだろう。

金曜日の朝、管内を清掃する「トーラー」を通してみると、案の定 根っこが絡まってきた。

午後からバックフォーを持ち込み、急遽かき集めた4人で配管を掘り起こす。

竣工間際の住宅建設現場から電話がきて、

土工屋さんが雨水マスを設置するために掘っていたら、給水管を切ってしまったという。

急遽、別の現場から1人向かわせる。

別の現場では、排水管を土工屋さんに壊されたという。

しかも工程が早まり、急いで施工する場所が出てしまった。

前から予定されていた、ビルのエアコンの取り付け工事に立会う。 

病院では順調に配管替え工事が進み、

排水マスの割れ目から侵入し、細い根っこで網のように管内を塞いだ部分が交換された。

根っこは、栄養のある場所を知っている。

ちょっとした隙間から入り込み、栄養を少しでも逃すものかと根を張る。 

もう19時で辺りは真っ暗なので、埋戻しは明日にした。

住宅の給水管も、直ったようだ。 

土曜日、病院では朝から埋戻し。

下水を壊された現場では、深い管内に落ちた土砂を取り出す作業が難航。

信州新町の住宅新築現場の打ち合わせが終わり、一息つく。

16時半、改修予定の保育園で玄関スロープを解体していたら、

給水管を壊して水が噴いていると電話が入る。

・・・またか・・ しかもこの時間から・・・

メーターで水を止めるよう指示し、姨捨にいる職人を向かわせる。

カミさんから、自家用車が壊れたと言われる。

これは僕の仕事ではない。

トヨタへ電話する。

出始めの車は、買ってはいけない。

エスティマハイブリッド、何回目の修理か・・

買った当初から、得体の知れない故障が続いている。

実験車両なのか? と苦情も言いたくなる。

20時、無事に保育園の配管がつながった。

皆さんありがとう。

そして夜、地震が来た。