社長のつぶやき

中学の先生

中学時代の担任の先生のお宅の台所の水漏れを修理した。

「の」が多い。

大変お世話になった先生で、ボンタンを没収されたこともある。

社会の先生で、授業は眠くなってしまう。

黒板にたくさん字を書くので、ノートに写すのが面倒くさかった。

うっかり意識が遠のくと、消されて次の事が書かれてしまう。

眼鏡をかけて、髪の毛はグレー。

硬派なオッサン先生で、みんな大好きだった。

先生を中心に、クラスはとてもよくまとまっていた。

不安定な時期を頼れる先生だった。

自分の弱みを知ってくれていた。

今考えると、怒られたことは、貴重なアドバイスだった。

自分が高校生の時に、若くして亡くなってしまった。

その奥様からの依頼である。

こんな近所に、いらっしゃるとは思わなかった。

自宅でも、よく僕の話をしてくれていたらしく、奥様も名前を憶えていてくれた。

先生に返せなかった恩を、返せる機会を与えてくれた。