社長のつぶやき

瞑想

金融機関取引先の、総会が開かれた。

会長のあいさつ。

話はお決まりの「アベノミクス」から始まり、日本を飛び越え世界へ。

ようやく、話が地元に戻ってきて終わる。

15分・・・

その後の議題、15分で無事終わる。

半分があいさつかー。 

会場を移して懇親会。

60人が集まり、料理が目の前に並ぶ。

また、会長のあいさつ。

総会で話した事もおりまぜ、また長い・・・。

周りの先輩方を見る。

皆、目を閉じて瞑想している。

「簡単ではございますが、ごあいさつに代えさせていただきます。」

簡単じゃない! と、心の中でツッコむ。 

続いて、金融機関の偉い方が来賓のあいさつ。

会長に対抗して、経済の話に始まり、銀行の方らしく数字をおりまぜて話が続く。

アグラをかいているのに、足がしびれてきた。

先輩方は、身動き1つしない。

食事をする前に、心の雑念を捨て去っているのか?

これからどう飲むか、シュミレーションしているのか?

廊下から「こっちにおいでよ♥」と、オジサンの声。 

コンパニオンさんが来るらしく、廊下で控えているらしい。 

隣の宴会場の、オジサンに構われているようだ。

控えている時間も、料金が発生しているんだろうな?

会長と同じくらいの時間話して、来賓のあいさつが終わる。

「続きまして、ご祝儀の披露です。」と司会さんが言う。

 ご祝儀の披露が終わり、そろそろか? と思っていると、

「続きまして、祝電の披露です。」

続くんかい! とまた心の中でツッコむ。

すると、「ひき続きまして・・・」

ヒキツヅキマシテ?

きましてより強力な・・・(絶句)

目の前にニンジンをぶらさげられて、すごく料理が美味しそうに見えてきた。

ようやく、会長さんのご発声で乾杯。

「来賓様のお話にもありましたが・・・」と、

来賓の話に被せて乾杯までに また、シャベる シャベる。

「乾杯!!!」

席に着いてから、30分後のことでした。