社長のつぶやき

白いウ〇コをするかナワトビを飲むか

会社の健康診断があった。

看護士さんとの問診で、胃の検査がバリウムでいいか、確認があった。

肩に注射されて、ゲップが出る薬を飲まされて、

ゲップを我慢しなさいと、不合理なことを言われる。

注射は、子供の頃から大嫌いである。

まずいバリウムを飲まされて、撮影機械の上でゴロゴロ回転して平衡感覚を失う。

「右から回って」なんて言われるけれど、どっちが右なのか、わからなくなってくる。

最後に下剤を飲まされて、白いウ〇コを出し続けなければならない。

午後はトイレのない場所へ行けなくなる。

飲み貯めた、ヤクルトの乳酸菌「シロタ株」も、腸から追い出されてしまうだろう。

そんな不幸の連鎖を考えると、少し我慢すれば終わる、胃カメラに心が傾いた。

シロタ君にも、迷惑がかからないだろう。

喉に麻酔をかけるために、薬でうがいをする。

「よく、うがいしてね」なんて言われるけれど、

バリウムと同様に、体によくない物は受け付けないものである。

スプレーでさらに、喉の奥に麻酔を吹きかけられる。

ちょっと痺れる、悪そうな液体だ。

呼ばれて内視鏡室に入り、運のなさを感じた。

黒い服を着た研修医が2人もいたのだ。

しかも、彼らがやるらしい。

練習台かい。

しかし、太い。

21世紀なのに、ナワトビの持つところくらいの、太さの胃カメラ。

横を向いて寝て、ゲーゲーやりながら自然に涙が流れ、

出したり入れたり、明らかに手間取りながら、長時間内臓を公開する。

キミタチ、良い医者になってくれよと願いながら、早く終わってくれることも願う。

ぐったりして、健康診断が終わり、不健康になって帰るのだ。