社長のつぶやき

母さん

11時頃現場を抜けて、近くの内科クリニックへ行く。 

駐車場で看護婦さんが、雪かきをしている。

中に入ると、別の人が待合室の掃除をしている。

今日もすいている。

すぐに呼ばれて、気さくな70歳くらいの先生と

「おぅ! また ダメ か」と、問診が始まる。

19時頃、現場から会社に戻って仕事を片付けていると、

ばあちゃんから、「母さんが吐きながらうずくまって動けない」と連絡が来る。 

慌てて実家に行き、日赤の救急外来へ連れて行く。

ボールから顔を上げられない状態が続く。

真っ黄色な液を吐いている。

具合が悪いくせに、「あんたは夕飯食べたのかい」とか「仕事が忙しいのに」とか

「妹が帰ってくるから部屋を暖めないと」とか、人の心配ばっかりしている。 

ようやく呼ばれてベットに横たわり、検査用に採血して点滴してもらう。

救急外来は混んでいる。

先生達も疲れて大変そうで、合間に椅子に座ったまま居眠りしている。

隣には、自殺未遂で薬を大量に飲んだ少女が来たらしい。

話は出来るようだ。 

「命を粗末にするな」と叱ってやりたかったが、精神的に疲れているようだ。

母さんは、点滴や薬のおかげで落ち着いてきた。

「あんたに助けられたね」なんて言われたが、

オレはその何千倍も助けられている。

23時半、2人で病院を出た。