社長のつぶやき

流れ者

河原を犬のポンタと散歩していると、モグラがいた。

地上で、居心地悪そうにしている。

川が増水して、コンクリート製の護岸まで水が上がっていた。

川と護岸の間にいたのか、上流から流されてきたのか。

握りこぶしほどの大きさで、羨ましいくらいフサフサの毛が生えている。

ぬいぐるみのような体から、ピンク色の手と鼻が出ている。

手は外側を向き、土を掘る気に満ちあふれている。

しかし、増水していては、適当な場所がない。

不安そうに、鼻をヒクヒクさせている。

よく見えない目の代わりに、この鼻がセンサーのような役割をしているそうだ。

頭上からトンビに襲われないように、祈りながらお別れ。

目が見えなくて、頭上の敵を察知できるのだろうか?

野生動物を捕まえると、こちらも捕まってしまうようで。

芸能人が保護していたスズメもダメだと、話題になっていた。

マムシのようなヘビも、流されてきたようで……