社長のつぶやき

トレーサーガス工法

5%の水素+95%の窒素

この混合気体で圧力をかけ、

漏れ出た水素を検知するセンサーで、漏水を発見する。

水素は分子が小さいので、小さな穴からも出やすい。

コンクリート下の漏水も、発見できるようだ。

5%なのは、爆発を防ぐため。

この混合気体が、特別に混ぜてもらうため高価なので、調査費は高い。

「コツ」が必要な音で探す方法から、誰でも出来る方法に変わっていく。