社長のつぶやき

武器は少なく

41歳。

10年ぶりに復帰した、バスケット。

試合で数回コートを往復すると、ゼイゼイしている。

低空飛行でリバウンドを取って着地し、フリーでゴール下のシュートを打つ。

足が笑って、連続ジャンプができない……。

体が浮かず、イージーシュートを外す。

若者はキレのある動き。

ついていけない。

身長も高く、ジャンプされれば、遥か上。

呆然と見上げる。

さて、今の自分に何ができるか。

ドリブルで相手を抜くスピードなし。

急激な動きからのシュートは不可能。

スリーポイントシュートは届かない。

ディフェンスは立っているだけ。

絶望的なのだ。

いやいや、諦めない。

フリーの場所へ移動してパスをもらい、ミドルのジャンプシュートを決める。

フリーの味方へパスを出す。

見方をフリーにするため、壁になる。

コイツクタバッテルと思い込んで、油断している相手を、全力で抜いてレイアップシュート。

武器も体力も少ないが、チームに貢献できる。

小さな会社でも、考え方を変えれば、大きな会社に負けないのだ。

男、41歳。

若い頃、スピードと圧倒的な体力で蹴散らしてきたオジサンに、自分がなる。