社長のつぶやき

正しい店

講習会があり、東京へ行った。

昼休み、小さなビルの地下にある定食屋にフラリと入る。

「庖丁処 治平」

思いもよらず、15席ほどの店内は満席でびっくり。

3種類の定食があり、どれも900円。

ちょっと高い・・・

カウンターに通され、一番上に「名物 角煮定食」と書いてあったので、それを注文する。

すぐに前菜とお茶が出され、続いて味噌汁・ご飯が置かれた。

味噌汁を飲む。

濃くてうまい。

ご飯を一口。

「あぁーーー」

一口でうまいとわかる、モッチリとしたご飯。

ご飯で感動しているうちに、メインの角煮が出てきた。

角煮の横に茹でた野菜が添えられ、鮮やかな緑色が食欲をそそる。

後ろの2人がけのテーブルから、話し声が聞こえる。

頑固そうな店主の親父が、その2人に言った。

「待ってる人がいるから、終わったら席を空けて下さい。」

小さな店では、限られた昼のかき入れ時の回転率が全てである。

素早く手抜きのない、うまい料理を提供してくれるのだから、客はそれに応じるべきである。

親父は正しい。