社長のつぶやき

横綱昇進おめでとう

初場所の千秋楽で、白鵬の必死の押しに負けなかった、稀勢の里。

体を斜めにして攻めていく白鵬なんて、めったに見ない。

稀勢の里の優勝インタビューの涙に、もらい泣きした。

苦難を乗り越えてのサクセスストーリーは、皆大好きだ。

ファンだった若乃花以来、19年ぶりに日本出身横綱が誕生する。

もう、19年も経ったのか・・・

自分の名前は「英貴(ひでたか)」で、漢字を説明する時、

英語なんてロクに喋れないくせに「英語の英」と、

「貴乃花の貴」なんて言っている。

貴族なんて顔していないから、「貴族の貴」とは言いずらくて。

最近、若い子が「えっ???」って分からないこともあって、時の流れを感じていた。

曙戦で力を発揮する貴闘力も大好きで、

勝っているのに解説の人から「あんな相撲では・・・」と、

いっつも怒られていた貴ノ浪も大好き。

亡くなってしまったが・・・

たまに、「貴闘力の貴」「貴ノ浪の貴」って言ってみることもある。

分かってくれると、「懐かしいっすねー」って話題になるし、なんか嬉しい。

御岳海も勝ってくれるから、見ていて面白い。