社長のつぶやき

徳さん

たまっていた、デスクワークをしていると、電話が鳴る。

「託児所の天井から、水がたれているから見てほしい。」

やりかけの仕事を放り出し、とりあえず現場へ急行する。

天井内に入り、濡れている配管の保温材をはがす。

排水系統のようだ。

ところが、水がたれていた場所の配管は、漏れていない。

保温材の中を、伝わって出てきたようだ。

水が伝わってきた方向をたどって、保温材をはぐ。

天井から上階の床に立ち上がる部分があやしい。

エルボの接続部かな?

しかし、配管に異常はなく、配管の周りから水が伝わってきた。

うーん・・・

天井から出て、上の階を見に行く。

シャフトになっていて、メインの配管が立ち上がっていく。

シャフトの中が、濡れていた。

シャフトの上から水が落ちていたので、さらに上の階へ。

やはり、この階のシャフトも濡れている。

もう1階上へ・・・濡れていない。

どーも、4階の排水が合流する継手が割れているようだ。

ここで漏れた水が、配管を伝わって1階の天井でたれていた。

・・・

困った時の、徳さんが来てくれた。

僕が必要な材料をそろえている間に、どんどん仕事は進んでいく。

最後の部品を持って来た時には、

「下で配管を押さえてて」と言われ、

あっという間に、配管がつながる。

簡単な工事ではないのに。

配管するために壊した、コンクリートの復旧。

上の階から 徳さんの鼻歌が聞こえる。

もう大丈夫。