社長のつぶやき

建築設備士

2年越しの勉強の末、

ようやく「建築設備士」の試験に合格した。

建築設備士とは、建築設備全般に関する知識及び技能を有し、

建築士に対し、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する

適切なアドバイスができる資格。

空調・衛生まではいいが、電気も試験範囲に入る。

一昔前は、設備系の資格の中で最高峰の資格であったが、

今は、設備設計一級建築士というのがある。

毎日やっている仕事でも、学ぶことは尽きない。