寒いという災害

昼間の気温がマイナスで、

軽い凍結が溶けないまま夜を迎え、

さらに凍結が進行することが何日も続いている。

1月27日(土)に、-11℃を下回った。

-8℃クラスは何回かあったが、

-10℃は別世界のようで、

60件を超す凍結修理の依頼が舞い込んだ。

急きょ大きな現場を止めて、

凍結修理を優先させる。

「お客様 直の仕事を増やす」

という目標に向かって取り組んだ成果か、

電話は鳴りやまない。

仕事が欲しい時だけ「お願いします」

なんてやっておいて、

お客様が困った時には、

そっぽを向いているようではいけない。

お客様が困っている時こそ、

全力で動かなければならない。

現場は氷の世界であったり、

水が噴水のように吹いていたりと、

大変な有様であった。

みんなが頑張ってくれて、

なんとか一息をついた。