社長のつぶやき

卒業して

長男の中学卒業式であった。

自分が卒業した中学である。

一同起立しての校歌斉唱。

自然に、自分もスラスラと歌い始めた。

さすがに、2番くらいから怪しくなって、3番はあやふやだったけど。

卒業して25年も経つが、覚えているものである。

15歳の門出は初々しく、清々しかった。

爆発できるパワーにあふれている。