社長のつぶやき

副部長

長野市商工会 更北支部青年部の、副部長を受けることになった。

あ~ もうそんな歳なのねと思う。

少しは部員さんの役に立てればと思う。

昔は、地域の商工業と地元の住民が密着していた。

商工会は商売で儲けたお金を、ボランティア等を通して地元に返す活動が多かった。

しかし今は、大手資本のチェーン店で大半の買い物をする。

家もハウスメーカーで建てる。

弱小企業は大手に負け、商工会員の数も減る。

そんな中生き残った我々は、特異な人々の集団である。

かっこつけたボランティア一辺倒でなく、我々は生き残らなければならない。

特異な人々の、特異なカケラを持ち寄り、協力して生き残らなければならない。

生き残ることで、地域の住民にサービスを提供し続ける事ができ、雇用も生まれる。 

そういう会になればと思う。