社長のつぶやき

人体の不思議

信じてもいいし、信じなくてもいいし、

でも、頭ごなしに否定しちゃうとつまらない。

人体も この世も あの世も、不思議だらけなのだ。

数年前からスーパー銭湯で、マッサージをお願いしている人がいる。

マッサージ師も配管工と同じでレベルの差が激しく、

同じ料金を払って素人のような人に当たると、ガッカリ感がハンパナイ。

配管工は、安ければ安いなり。

夜のお店のように、指名料金が掛からないので、いつもS氏を指名していた。

僕と同じ歳で、仕事のかたわら、気功や鍼(ハリ)などの勉強をしているようだった。 

力強く揉んでくれる人、ツボを的確に押してくる人など、色々なパターンがあるが、 

S氏の手法は、凝っている場所の原因を探し、その原因を取り除いていく。 

だんだん出勤が減ってきて、まあいいやと、無指名で若いお兄さんに当たり、

なでるように触られるだけのマッサージをされて、余計にストレスが溜まる。 

これでは困るとS氏に言うと、自宅で開業していることを明かしてくれる。

早速予約して行ってみると、

「不思議全開でいいですか?」と聞かれる。

「不思議全開で!」と答える。

横になった僕に手をかざし、僕の魂?に問いかける。

「どこが悪い?」「そこを治すのはどこ?」

悪い場所に鍼を刺し、治す場所へ気を送る。

「原因は何?」「治す言葉は何?」とさらに聞く。

一番目は意外にも、家庭のストレス。

(オニがいて)自分を出せていないらしい。 

治す言葉は「自分は自分のままでいい」。 

治す言葉を心の中で唱えて、その場所の治療が終わる。

次の原因は、仕事の未来への不安。

治す言葉は「明日は晴れる」。

これを繰り返し、治す場所がなくなるまでやる。

その全てが的確で、自分でも納得できる原因で、びっくり。

このような世界もあるのです。