社長のつぶやき

ワカサギ釣り

野尻湖へ行こうか諏訪湖へ行こうか迷ったが、

野尻湖へ電話したら、「あまり釣れない」と言われた。

野尻湖は水深が20~30メートルと深く、魚のいるタナを見付けるのが難しいらしい。

諏訪湖の水深は5メートル。 

チビ2人を連れて、諏訪湖へワカサギ釣りに行く。

朝6時に出て、7時半に湖畔の「みなと」に着く。 

7時からドーム船は出航していて、途中でもボートで送ってくれる。

チビ2人を見て「2時間料金で午前中いいよ」と、

貸しサオやエサ代など込みで1万円弱払う。

ドーム船は7割くらいの入りで、温かくトイレもあり快適だ。

日が当たると暑いくらい。

先客達は、電動リールや魚群探知機などハイテクなのに対し、

我々は手で糸をタグり寄せる原始的なサオだ。

うまくタグり寄せないと、糸が上で絡まってしまう。

先端にオモリを付けて、ピンク色のウジ虫を3つの針に引っ掛けて水中に落とす。 

穂先がピクピクしたら上に強く引き、魚を針に掛ける。

当たりがなければ、ゆっくり数回上下にサオを動かして魚を誘う。 

すぐに5センチくらいの小さい魚が釣れた。 

3本サオを借りたが、チビの面倒を見ていると2本で手いっぱい。 

1人がサオを上げると、もう1人も上げるので、オマツリしそうになる。

「待て」と言っても聞きやしない。

子供達のエサ付け係と魚外し係になってしまったが、

チビ達があきる午前中で、小さいのが多かったけど50匹釣れた。

唐揚げにして食べた。

ウマイ