社長のつぶやき

ラジオ出演

SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」に、生出演した。

朝8時に番組が始まり、出演者の紹介で、自分の名前が呼ばれる。

自宅で聞いていて、これからその番組に出るというのは、不思議な気持ちだった。

娘だけが付いてきてくれた。

8時40分にSBCトイーゴへ着き、通用口でカードをもらって4階へ。

土曜日で大半は休みなのか、ものすごくガランとしている。

広い事務所には、事務の数人しかいない。

隅のスタジオで武田さんがお話していて、ディレクターさんと補助の女性が操作室にいる。

それだけ。

華やかな雰囲気とは大違いで、ビックリした。

大型バイクで小諸から来た、出演者の旅館の女将さんが、事務員さんと雑談している。

僕が出るのは、信金さんがスポンサーのコーナーで、担当広告会社の女性が来てくれた。

待ち時間で詳細な打合せがあると思っていたが、ベテラン女性と世間話が始まる。

止まらない。

せめて少し話すことを整理しておきたかったが、話は続く。

緊張するヒマもない。

娘は退屈して、ヨレてくる。

9時40分、穏やかなディレクターさんに呼ばれて、スタジオに入る。

ラジオでは、CMなど録音されたものが流れているようだ。

武田さんにご挨拶して、メタボ水栓のプレゼントを渡し、記念撮影。

娘も入室して構わないと言う。

アットホームな感じ。

武田さんと対面した席に娘と並んで座り、45分から本番が始まる。

もうやるしかないと、覚悟を決めて本番に臨むと、いきなり娘に話を振られる。

人見知りが激しい娘なので、突然名前を聞かれて声が出ない。

なんとか小さな声で答えてくれ、フォローする。

焦った・・・。

プレゼントしたメタボ水栓の形状を、口で説明するのは難しい。

さすがの武田さん、つかみはOKで、本題がスタートした。

話の間の取り方が絶妙で、どこでも会話に入りやすい。

15分があっという間で、コーナーが終わり、お礼を言ってスタジオを出る。

次の出演者の、大町市長が入って来る。

もらったCDを聞き返すと、気を付けていたつもりが、

「そうですね~」とか「あの~」が多くて反省。

覚えていないと思うけど、

最初の話で「娘に何て呼ばれているの?」

「パパ」の後、「自分は水戸黄門の番組のように”父上”と呼ばれたいのですけれども。」

と返したが、

本当は「オトッツァン」と言いたかった。

最後の旅行の話題で、

「東端の与那国島」と言ってしまったが、「西端の与那国島」の間違え。

生でとっさに話すというのは難しい。

リスナーの方が意外に多く、告知していない人からも連絡があり、

長寿番組の裾野の広さを実感した。