社長のつぶやき

ガマちゃん

家の周辺には、ガマガエル(ヒキガエル)が住んでいる。

庭にも、手のひらサイズのカエルが数匹いる。

皮膚の毒腺から、いわゆる”ガマの油”と呼ばれる毒液を出す。

触ると、子供達は手が赤く荒れた。

ネットで調べると・・・

「大人のヒキガエルの生活は非常に優雅。

夜行性で、主に雨が降った時に地面から出てくる。

そして、真夜中頃にねぐらに引っ込んでしまう。

1回の採食に出てくる時間は、大体3時間以内。

行動範囲も非常に狭く、大抵は出てきた場所から数10センチしか移動せず、

その場で虫などを食べて、すぐに近くに潜り込んで寝てしまう。

しかも、1回採食に出てくると次に出てくるのは20日後などという事はざら。

餌の奪い合いや寝床の取り合いなどは行わず、仲良く一緒に餌を採ったり寝たりする。

冬は冬眠するが、この冬眠に関しても大雑把で地面に潜らず、

直接地面の上で雪に埋もれて冬眠している事も ある。

冬眠前に栄養を溜めるため、せっせと捕食に励むような事もない。

こんないい加減な冬眠でも死亡率は非常に非常に低く、

春になると9割ものヒキガエルが元気に姿を現す。」

1年目の生存率は 3パーセント

2年目の生存率は 50パーセント

苦労した人生? の余暇を楽しんでいる。