社長のつぶやき

オメメセンサー

インフルエンザが、流行っています。

子供の小学校でも、学級閉鎖がありました。

僕の目は敏感で、寝ている時に強い菌がいると、目ヤニがひどくなります。

みんなバカにしますが、「オメメセンサー注意報」が発令されます。

予防接種の後や子供が具合悪い時など、朝起きると目の周りがカピカピになります。

目ヤニとは、目の中に入ってきたゴミやウイルス・細菌などを、体外に排出するために分泌される身体の防御反応です。

人間の目はマバタキをスムーズにするため、まぶたの裏側から粘り気のある液体が分泌されています。

目の中に異物が混入した場合、この液体に異物が絡まって体外へ排出されます。

起きている間は、マバタキによって目ヤニが涙と一緒に、鼻涙管という鼻とつながる穴に流れます。

そして、鼻クソになります。

しかし、睡眠中はマバタキをしないため、目ヤニが鼻涙管に流れず目元に残ります。

目クソ鼻クソの話でしたが、暖かい春が待ち遠しいこの頃です。