社長のつぶやき

エネルギーをもらう

世の中が、どんどん複雑になっている。

複雑にしている連中は、お勉強がよくできた、エリートさんである。

彼らはだいたい、現場へは出たがらない。

現場には、彼らより実情を知っている、小うるさい人がいるからだ。

小うるさい人は、世の中をよくするための、貴重な真実を見つけている。

しかし、エリートさんはプライドが高く、自分より知識がある人に会いたくない。

下っ端の人から、意見されたくないのだ。

そういう人たちが、現場の意見を聞かずに

書類上だけで事をなんとかしようと考えるから、煩雑な手続きが増えていく。

その書類は作られて整えられただけで、現実で役に立つことはない。

書類を作ること自体が、時間の浪費である。

犯人探しで、責任の所在を追及する材料になるだけである。

そんなモンクを言っても、会社としてやらなければならないと決められたことは、

やっておかないと、社会的に認められなくなってしまう。

とにかく、やることが多くて、頭がくたびれてしまう。

人間の作り出した世界に疲れて、外に出る。

様々な生物と出会い、少しずつ自然のエネルギーをもらって、リフレッシュする。

シマヘビ・アオダイショウ、鯉の産卵。