社長のつぶやき

大忙しな日

朝7時過ぎ、電話が鳴る。

病院の修理を依頼した業者から、「手配した部品が違う」と。

材料屋が、間違えて配達したらしい。

材料屋に電話するが、第四土曜日は休みで電話に出ない。

仕方がないので、別の材料屋数件に電話して部品を調達する。

家を出て現場に向かう。

朝からクソ暑い。

今日は設備の職人が入る予定はないので、

事務所で涼しく図面を描こうと思っていた。

朝礼に出て、現場を一周して事務所で図面を描き始める。

「設備屋さん」と、建築の助監督さんから呼ばれる。

穴を掘っていた土工さんが、排水管を壊してしまったらしい。

よくあることだ・・・

しかし、職人はいない。

現場を見ると、掘った穴は壊れた排水管から出た水で、池になっていた。

修理の段取りをしようと事務所へ戻る途中、

型枠大工さんから呼び止められ、「スリーブの位置がよくない」と言われる。

スリーブとは、コンクリート基礎を貫通して配管が通る場所に、

あらかじめ入れておくパイプである。 

確認すると、大工さんの言う通り、このままではパイプがコンクリートに埋まってしまい、穴が開かない。

大工さんが型枠を組む前に、スリーブ6箇所の位置を移動しなくては。

クソ暑い。

水のような汗が止まらない。

これはヤバイ汗なので、水分補給をする。

自分でなんとかしなくてはならない。

しかし、2つも問題が起きている。

ヘルプの職人を探す。

同学年の職人さんが動いてくれた。

30分後には、両方の直しに2人で取りかかり、12時過ぎに終わる。

同学年の職人さんは、泥まみれ。

助けてくれてありがとう。

お金ではない。気持ちで動いてくれる人は大切にしないと。

シャツは ビッショで、図面は進んでいない午前中。

37.7度、なぜ職人のいない今日、予定外の事件が起こるのか。

病院の修理も、無事に終わったようだ。

15時過ぎ、老健施設から「エアコンが壊れた」と電話が鳴る。

今日壊れてはマズイでしょ。

メーカーに電話するが、休みで電話に出ない。

材料屋もそうだけど、休みは電話に出なければいいのだから、気が楽だよな。

僕たち、お客さんと向き合っている人間はどうしたらいいんだ。

東京のコールセンターに電話するが、全国で暑く、緊急修理もパンク状態だと言われた。

エラーコードから電源を落としてみれば、

動くかもしれないと聞き出し、施設に伝える。

超たくさんの汗をかき、図面が進まない1日であったが、

「なんとかなる」と大きく構えていれば、「なんとかなる」のである。

最近、苦しんだ末に気付いたこと。

他人の助けがあってのことなので、感謝の気持ちを忘れてはならない。