社長のつぶやき

ありえへん世界

3日連続で、同じ会社のタクシーに乗った。

1日目は「う~ん」程度だったけど、

2日目は「あの臭いだよな?」、

3日目は特にひどく、もう我慢できないくらいだった。

渋滞にはまって30分間我慢し続け、

下りた瞬間に外の新鮮な空気を吸って、ホッとしたのだ。

運転手さんというか、車内のオヤジ臭である。

自分も20代までは無味無臭のいい男???だったが、

ムスメに「パパ臭いけど好き」と言われてからは、

自分のオジサン臭に多少気を使っている。

オジサン臭を出す気はないのだが、自分の臭いに呆然としてしまう。

そして、立派なオジサンになったのだと自覚する。

帰りは、流れの別会社のタクシーを拾う。

車内には、ホッとする香りが漂っている。

タクシーでは、移動するだけでなく車内で過ごす時間も、お金で買っているのだ。

スムーズな移動の他に、快適さも追求しなくてはならない。

古い車両がずらりと並び、時代から取り残された感がある、

そのタクシー会社では、誰も気づけないのだろう。

「人の振り見て 我が振り直せ」というが、こうした不快な経験も勉強である。

我々も、工事をするということだけでなく、

お客様の立場になって考えて、行動しなくてはならない。

運転手さんにモンクは言わない。

しかし、もう頼まない。

お客様や取引先様との、頭や気を使う大切な会合へ、

ゲンナリした気分で行きたくないからだ。

クレーマーより怖いのは、このように無言で去っていくお客様である。